Net-tools

LFSブック SVN-20120816 にて Net-tools をビルドしようとしてエラー:

cc -O2 -g -Wall -fno-strict-aliasing  -I.. -I../include  -D_GNU_SOURCE
-I. -I/mnt/lfs/sources/BLFS/net-tools-CVS_20101030/include -Ilib
-c -o tr.o tr.c
tr.c:23:25: fatal error: linux/if_tr.h: No such file or directory
compilation terminated.

Dubbsさんが解決策を挙げて頂いている。BLFSメーリングリスト

要はビルド前に以下を実行するもの:

sed -i -e '/Token/s/y$/n/' config.in

これにより Net-tools のビルド、正常終了。

カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

Heimdal から MIT Kerberos 5 へ

BLFSブックにて最近、Heimdalが削除された。これまでこれを採用してきたのであるが、代わりに MIT Kerberos 5 を利用していくことになる。そこで krb5-1.10.1 の初めてのビルド。LFS 最新の SVN-20120405 上。

これがエラーとなる。以下のよう:
deltat.c:1694:12: エラー: ‘yylval’ はこの関数内初期化されずに使用されるかもし
れません [-Werror=maybe-uninitialized]
deltat.c:1198:9: 備考: ‘yylval’ はここで定義されています
cc1: some warnings being treated as errors
make[3]: *** [deltat.so] エラー 1
make[3]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/krb5-1.10.1/src/lib/krb5/krb' から
出ます
make[2]: *** [all-recurse] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/krb5-1.10.1/src/lib/krb5' から出ま

make[1]: *** [all-recurse] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/krb5-1.10.1/src/lib' から出ます
make: *** [all-recurse] エラー 1

Arch Linux にてパッチがあがっているのを見つけた。パッチ名からすると gcc-4.7.0 を用いた場合に起こるということなのだろうか? ただしそのパッチをそのままでは適用できなかったので、自分で作ってパッチ当て。MIT Kerberos 5 の初ビルド成功。

独自パッチ: krb5-1.10.1-gcc47.patch

カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

libprelude

libprelude-1.0.0 のビルドを再度行ってみた。
前の投稿にて、gnutls-3.0.5 以降、ビルド出来なくなっていたもの。

今 gnutls の最新は 3.0.9
エラーは gnutls/extra.h が見つからないためのものであったため、強引にこのヘッダーファイルを参照している箇所を削除して、libprelude をビルドしてしまおうと。そしたらビルドが通ってしまった・・・ あらら、いいんだか悪いんだか。

以下がその修正パッチ:

diff -Naur libprelude-1.0.0.orig/prelude-admin/prelude-admin.c libprelude-1.0.0/prelude-admin/prelude-admin.c
--- libprelude-1.0.0.orig/prelude-admin/prelude-admin.c 2010-01-29 20:01:15.000000000 +0900
+++ libprelude-1.0.0/prelude-admin/prelude-admin.c      2012-01-28 21:02:57.074886380 +0900
@@ -57,7 +57,6 @@
 #include <errno.h>
 #include <gnutls/gnutls.h>
 #include <gnutls/x509.h>
-#include <gnutls/extra.h>

 #include "common.h"
 #include "config-engine.h"
diff -Naur libprelude-1.0.0.orig/prelude-admin/server.c libprelude-1.0.0/prelude-admin/server.c
--- libprelude-1.0.0.orig/prelude-admin/server.c        2010-01-29 20:01:15.000000000 +0900
+++ libprelude-1.0.0/prelude-admin/server.c     2012-01-28 21:03:14.215886615 +0900
@@ -39,7 +39,6 @@

 #include <gcrypt.h>
 #include <gnutls/gnutls.h>
-#include <gnutls/extra.h>

 #include "prelude-client.h"
 #include "prelude-error.h"
カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

LFS svn-20120126

LFS svn-20120126 ビルド完。
少々ハマったのでメモ。

ビルド後に起動すると「unknown filesystem type: 'devtmpfs'」みたいなエラーが出て、起動できなかった。エラーは正確に書きとめていない。

嫌な予感。もう一度ビルドし直しか。
fstab とか kmod とか udev とか、何かを間違えている?
Web検索したり、作業を思い返したり、ブックを読み返したり・・・

Kernel のページにその解あり。Kernel にて以下を有効にしなければならない、と記述されている! Udev の最新版導入以降に、新たに加わった記述である。

Device Drivers  --->
  Generic Driver Options  --->
     Maintain a devtmpfs filesystem to mount at /dev

これを為して、ビルドは正常に完了。

ドキュメントやらマニュアルはしっかり読まなければならないもの、と、能書きをたれることもある自分であるが、なんてことはない、自分自身こそ改めなければならない醜態なのであった。

カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

w3m-0.5.3

久々に w3m をビルドする必要が出てきたので LFS-SVN20111223 (Linux-3.0.5, glibc-2.14, etc.) をベースに、BLFSブックにて示される w3m-0.5.2 をビルドしようとしてエラー。ん? glibc-2.14 の影響? Linux-3.x.x の影響?

w3m のアップストリームを確認したら w3m-0.5.3 になっていたため、こちらをビルドするも、同様のエラー:

funcname.tab updated
sort funcname.tab | gawk -f ./funcname1.awk > funcname1.h
gcc  -I. -I. -g -O2 -I./libwc    -DHAVE_CONFIG_H -DAUXBIN_DIR=\"/usr/lib/w3m\" -
DCGIBIN_DIR=\"/usr/lib/w3m/cgi-bin\" -DHELP_DIR=\"/usr/share/w3m\" -DETC_DIR=\"/
etc\" -DCONF_DIR=\"/etc/w3m\" -DRC_DIR=\"~/.w3m\" -DLOCALEDIR=\"/usr/share/local
e\"   -c -o main.o main.c
In file included from html.h:10:0,
                 from fm.h:39,
                 from main.c:3:
istream.h:23:8: エラー: ‘struct file_handle’ の再定義です
/usr/include/bits/fcntl.h:254:8: 備考: 元々はここで定義されました
main.c: 関数 ‘getChar’ 内:
main.c:2264:5: 警告: 互換性のないポインタ型から 1 番目の ‘wtf_parse1’ の引数に
渡しています [デフォルトで有効]
./libwc/wtf.h:71:19: 備考: expected ‘wc_uchar **’ but argument is of type ‘ch
ar **’
make: *** [main.o] エラー 1

opensuse にてパッチがあがっている:
https://build.opensuse.org/package/view_file?file=w3m-fh-def.patch&package=w3m&project=network&rev=02bc48adba1f62318d8c93eacb2aaab6

上を参考にパッチを作成して再ビルド。正常ビルドできたが、これで良いのかどうなのか・・・

diff -Naur w3m-0.5.3.orig/istream.c w3m-0.5.3/istream.c
--- w3m-0.5.3.orig/istream.c    2011-01-04 18:22:22.000000000 +0900
+++ w3m-0.5.3/istream.c 2011-12-29 11:11:45.606166398 +0900
@@ -22,8 +22,8 @@
 static void basic_close(int *handle);
 static int basic_read(int *handle, char *buf, int len);

-static void file_close(struct file_handle *handle);
-static int file_read(struct file_handle *handle, char *buf, int len);
+static void file_close(struct w3m_file_handle *handle);
+static int file_read(struct w3m_file_handle *handle, char *buf, int len);

 static int str_read(Str handle, char *buf, int len);

@@ -114,7 +114,7 @@
     stream = New(union input_stream);
     init_base_stream(&stream->base, STREAM_BUF_SIZE);
     stream->file.type = IST_FILE;
-    stream->file.handle = New(struct file_handle);
+    stream->file.handle = New(struct w3m_file_handle);
     stream->file.handle->f = f;
     if (closep)
        stream->file.handle->close = closep;
@@ -658,13 +658,13 @@
 }

 static void
-file_close(struct file_handle *handle)
+file_close(struct w3m_file_handle *handle)
 {
     handle->close(handle->f);
 }

 static int
-file_read(struct file_handle *handle, char *buf, int len)
+file_read(struct w3m_file_handle *handle, char *buf, int len)
 {
     return fread(buf, 1, len, handle->f);
 }
diff -Naur w3m-0.5.3.orig/istream.h w3m-0.5.3/istream.h
--- w3m-0.5.3.orig/istream.h    2003-10-21 01:41:56.000000000 +0900
+++ w3m-0.5.3/istream.h 2011-12-29 11:11:59.436167181 +0900
@@ -20,7 +20,7 @@

 typedef struct stream_buffer *StreamBuffer;

-struct file_handle {
+struct w3m_file_handle {
     FILE *f;
     void (*close) ();
 };
@@ -53,7 +53,7 @@

 struct file_stream {
     struct stream_buffer stream;
-    struct file_handle *handle;
+    struct w3m_file_handle *handle;
     char type;
     char iseos;
     int (*read) ();
カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

Samba-3.6.1

Glibc-2.14 になった直後から、Samba がビルド出来なくなっていた。
昨日(?)、BLFSブックに libtirpc が追加されたので、Samba がビルドできるか試してみた。

結果は、すんなりとはいかない状態であるが、何とかビルドできるようになった。
備忘録。

まず Samba-3.6.1 を単純にビルドしただけでは、エラーになる。
本日最新の BLFS ブックにて、Samba-3.6.1 は LFS7.0 においてビルドできると書いてあるのに。
そして Web 検索しても、エラー報告がヒットしない。おかしいな。

そのエラーは以下:

Compiling smbd/server.c
Compiling smbd/server_exit.c
Compiling smbd/msg_idmap.c
Linking bin/smbd
lib/sysquotas_nfs.o: In function `my_xdr_getquota_args':
sysquotas_nfs.c:(.text+0x1a): undefined reference to `xdr_string'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x2f): undefined reference to `xdr_int'
lib/sysquotas_nfs.o: In function `my_xdr_getquota_rslt':
sysquotas_nfs.c:(.text+0x5e): undefined reference to `xdr_int'
sysquotas_nfs.c:(.text+0xcb): undefined reference to `xdr_int'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x131): undefined reference to `xdr_bool'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x197): undefined reference to `xdr_int'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x1fd): undefined reference to `xdr_int'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x263): undefined reference to `xdr_int'
lib/sysquotas_nfs.o: In function `sys_get_nfs_quota':
sysquotas_nfs.c:(.text+0x55b): undefined reference to `clnt_create'
sysquotas_nfs.c:(.text+0x56c): undefined reference to `authunix_create_default'
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [bin/smbd] エラー 1

そもそも libtirpc を認識参照していない。どうするべきなのか?・・・
LDFLAGS+=”tirpc” とか LDFLAGS+=”-ltirpc” とかするのだろうか?
よく分からないので Makefile.in を書き換えた。以下はその diff

diff -Naur samba-3.6.1.orig/source3/Makefile.in samba-3.6.1/source3/Makefile.in
--- samba-3.6.1.orig/source3/Makefile.in 2011-10-19 03:48:48.000000000 +0900
+++ samba-3.6.1/source3/Makefile.in 2011-11-20 19:16:56.794871750 +0900
@@ -1780,14 +1780,14 @@
$(KRB5LIBS) $(DYNEXP) $(PRINT_LIBS) $(AUTH_LIBS) \
$(ACL_LIBS) $(PASSDB_LIBS) $(LIBS) $(DNSSD_LIBS) $(AVAHI_LIBS) \
$(POPT_LIBS) @SMBD_LIBS@ $(LIBTALLOC_LIBS) $(LIBTDB_LIBS) \
- $(LIBWBCLIENT_LIBS) $(ZLIB_LIBS)
+ $(LIBWBCLIENT_LIBS) $(ZLIB_LIBS) -ltirpc

bin/nmbd@EXEEXT@: $(BINARY_PREREQS) $(NMBD_OBJ) @BUILD_POPT@ $(LIBTALLOC) $(LIBTDB) $(LIBWBCLIENT)
@echo Linking $@
@$(CC) -o $@ $(NMBD_OBJ) $(LDFLAGS) $(DYNEXP) $(LIBS) \
@LIBWBCLIENT_STATIC@ $(LIBWBCLIENT_LIBS) \
$(LIBTALLOC_LIBS) $(LIBTDB_LIBS) $(POPT_LIBS) \
- $(KRB5LIBS) $(LDAP_LIBS) $(ZLIB_LIBS)
+ $(KRB5LIBS) $(LDAP_LIBS) $(ZLIB_LIBS) -ltirpc

bin/swat@EXEEXT@: $(BINARY_PREREQS) $(SWAT_OBJ) @BUILD_POPT@ $(LIBTALLOC) $(LIBTDB) $(LIBWBCLIENT)
@echo Linking $@

これによりビルドも通り、正常動作している模様。

実動作としては、とりあえず解決したのであるが、その前に「すったもんだ」があり、
libunwind をビルド、インストールしていた時には、以下のエラーが出ていた:

Compiling utils/smbcontrol.c
Linking bin/smbcontrol
/usr/bin/ld: /usr/lib/gcc/x86_64-unknown-linux-gnu/4.6.2/../../../../lib64/libunwind-ptrace.a(_UPT_access_fpreg.o): relocation R_X86_64_32S against `_UPT_reg_offset' can not be used when making a shared object; recompile with -fPIC
/usr/lib/gcc/x86_64-unknown-linux-gnu/4.6.2/../../../../lib64/libunwind-ptrace.a: could not read symbols: Bad value
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [bin/smbcontrol] エラー 1

libunwind をスタティックでビルドするべき? しないべき? よく分からなかった。
したがって libunwind はアンインストールすることで、この場を逃げることにし、
そうしてようやく Samba-3.6.1 がビルドできるようになった。
libunwind については、おいおい調べていくことにしよう。

何はともあれ、ここ数ヶ月、ずっと Samba がビルドできなかったのが、
ようやく解決したので、やれやれ、といった1日。

カテゴリー: LFS | コメントする

32bit vs. 64bit

自PCがようやく64bit化されたので、VMware Workstation 8 を用いて、LFS-SVN20111029 を、32bit CPU、64bit CPU のそれぞれでビルドしてみて、処理時間の比較を行ってみた。

VMware 仮想PCに対してのホストPC諸元は以下:
Intel Core i5-2410M 2.30GHz、メモリ4GB

結論として、生データは下表のとおりで、32bit 対 64bit の処理効率(64bit の処理時間を 32bit の処理時間で割った割合)を見てみると、平均で 74.1% という結果になった。ただしこれをそのまま単純に受け入れるべきではない。

なにしろ処理計測したのは VMware 仮想PC上であり、ファイルI/Oが VMware ファイルアクセス機構のあり方に依存している(であろう)からである。どうもファイルアクセス、あるいはファイル管理のあり方が違いそうな気がしている。というのも、32bit Linux 仮想PC と 64bit Linux 仮想PC の、それぞれの物理ファイルの容量がぜんぜん違う。32bit の方が 64bit よりも倍以上の容量を要していて、このことからたぶんファイル管理のあり方が根本的に異なるのであろう、と想像しただけ・・・。

LFSブック(オリジナル)によると、64bit の方が「4% 早くなるだけ」という説明があるのだが、ビルド時の計測結果をそのまま受け入れるなら「25% は早くなる」という表現になる。まぁ何よりも VMware 上での計測であり、実は私にとっては VMware 上でしか、LFSビルドを行わないので、64bit でビルドすることが大いに効率的である、という結論に達したもので、意義があった。

以下、計測生データ:

パッケージ (A)
32bit CPU
処理時間
[MM:SS.0]
(B)
64bit CPU
処理時間
[MM:SS.0]
(C)
64bit CPU
処理効率
=(B)÷(A)
5.04 binutils-2.21.1 02:46.5 02:20.9 84.6%
5.05 gcc-4.6.1 12:58.8 12:59.5 100.1%
5.06 linux-3.1 00:29.3 00:07.1 24.1%
5.07 glibc-2.14.1 15:17.5 10:46.8 70.5%
5.08 00:00.1 00:00.0 16.5%
5.09 binutils-2.21.1 03:58.6 02:12.0 55.3%
5.10 gcc-4.6.1 22:18.8 15:18.9 68.6%
5.11 tcl8.5.10 01:11.7 00:42.0 58.7%
5.12 expect5.45 00:19.0 00:13.2 69.7%
5.13 dejagnu-1.5 00:02.6 00:02.1 80.1%
5.14 check-0.9.8 00:19.9 00:13.4 67.4%
5.15 ncurses-5.9 01:40.3 01:21.7 81.4%
5.16 bash-4.2 01:20.7 00:52.5 65.1%
5.17 bzip2-1.0.6 00:04.6 00:03.7 79.2%
5.18 coreutils-8.14 02:36.3 01:38.1 62.8%
5.19 diffutils-3.2 00:51.3 00:30.0 58.5%
5.20 file-5.09 00:20.1 00:14.6 72.9%
5.21 findutils-4.4.2 00:45.3 00:30.5 67.3%
5.22 gawk-4.0.0 00:36.7 00:26.0 70.7%
5.23 gettext-0.18.1.1 02:14.8 01:26.3 64.0%
5.24 grep-2.9 00:42.2 00:23.5 55.7%
5.25 gzip-1.4 00:29.1 00:18.1 62.2%
5.26 m4-1.4.16 00:44.7 00:28.7 64.2%
5.27 make-3.82 00:17.4 00:11.6 66.6%
5.28 patch-2.6.1 00:12.5 00:07.3 58.1%
5.29 perl-5.14.2 04:43.2 03:39.0 77.3%
5.30 sed-4.2.1 00:26.7 00:14.6 54.7%
5.31 tar-1.26 01:11.1 00:57.4 80.8%
5.32 texinfo-4.13a 00:30.0 00:25.4 84.7%
5.33 xz-5.0.3 00:36.0 00:28.9 80.1%
6.07 linux-3.1 00:37.7 00:11.2 29.6%
6.08 man-pages-3.35 00:00.8 00:00.2 24.6%
6.09 glibc-2.14.1 19:39.1 12:02.9 61.3%
6.11 zlib-1.2.5 00:09.9 00:06.5 65.9%
6.12 file-5.09 00:20.9 00:14.6 69.8%
6.13 binutils-2.21.1 03:30.8 02:30.2 71.2%
6.14 gmp-5.0.2 01:52.6 01:20.5 71.5%
6.15 mpfr-3.1.0 01:00.3 00:44.3 73.5%
6.16 mpc-0.9 00:17.3 00:12.8 73.7%
6.17 gcc-4.6.1 17:29.9 14:38.8 83.7%
6.18 sed-4.2.1 00:19.2 00:15.7 81.5%
6.19 bzip2-1.0.6 00:07.9 00:07.5 94.2%
6.20 ncurses-5.9 01:31.3 01:08.0 74.4%
6.21 util-linux-2.20 02:02.5 01:21.4 66.4%
6.22 e2fsprogs-1.41.14 00:55.9 00:43.2 77.4%
6.23 coreutils-8.14 02:17.2 01:37.2 99.9%
6.24 iana-etc-2.30 00:00.3 00:00.2 77.9%
6.25 m4-1.4.16 00:41.1 00:30.9 75.2%
6.26 bison-2.5 00:53.6 00:38.3 71.5%
6.27 procps-3.2.8 00:07.8 00:07.0 89.8%
6.28 grep-2.9 00:34.5 00:24.0 69.5%
6.29 readline-6.2 00:18.0 00:14.8 82.1%
6.30 bash-4.2 01:00.5 00:45.8 75.8%
6.31 libtool-2.4 00:13.8 00:09.2 66.3%
6.32 gdbm-1.9.1 00:14.6 00:10.1 69.2%
6.33 inetutils-1.8 01:16.8 00:57.2 74.5%
6.34 perl-5.14.2 05:17.0 04:19.7 81.9%
6.35 autoconf-2.68 00:05.3 00:05.7 107.4%
6.36 automake-1.11.1 00:03.1 00:02.1 67.4%
6.37 diffutils-3.2 00:48.3 00:32.4 67.2%
6.38 gawk-4.0.0 00:30.4 00:24.3 80.1%
6.39 findutils-4.4.2 00:44.4 00:29.3 66.1%
6.40 flex-2.5.35 00:21.6 00:12.1 56.2%
6.41 gettext-0.18.1.1 04:50.2 03:50.3 79.4%
6.42 groff-1.21 01:19.3 01:16.3 96.1%
6.43 grub-1.99 01:47.3 01:36.4 89.8%
6.44 gzip-1.4 00:24.8 00:22.2 89.8%
6.45 iproute2-2.6.39 00:17.3 00:19.1 110.6%
6.46 kbd-1.15.2 00:15.0 00:13.1 87.5%
6.47 less-444 00:10.7 00:09.9 92.1%
6.48 libpipeline-1.2.0 00:31.0 00:24.4 78.6%
6.49 make-3.82 00:17.1 00:14.2 83.0%
6.50 xz-5.0.3 00:34.4 00:30.8 89.6%
6.51 man-db-2.6.0.2 01:05.3 00:50.1 76.7%
6.52 module-init-tools-3.16 01:00.6 00:44.0 72.6%
6.53 patch-2.6.1 00:10.6 00:09.7 91.3%
6.54 psmisc-22.14 00:09.6 00:07.6 79.7%
6.55 shadow-4.1.4.3 00:38.0 00:29.7 78.2%
6.56 sysklogd-1.5 00:01.2 00:01.3 107.7%
6.57 sysvinit-2.88dsf 00:02.7 00:02.8 101.4%
6.58 tar-1.26 01:10.4 00:57.3 81.3%
6.59 texinfo-4.13a 00:36.0 00:28.0 77.9%
6.60 udev-173 00:35.6 00:17.1 48.2%
6.61 vim-7.3 01:23.3 01:16.4 91.7%
8.03 linux-3.1 14:33.2 14:10.3 97.4%
カテゴリー: LFS | コメントする

subversion 1.6 から 1.7 へ

覚書。
LFS-SVN20111029 に subversion-1.7.1 を入れた。
それまで subversion-1.6.x でチェックアウトしていたソースを、
1.7.1 でステータス参照すると以下のメッセージ:

prompt> svn st
svn: E155036: Please see the 'svn upgrade' command
svn: E155036: Working copy '/work/foo/bar' is too old (format 10, created by Subversion 1.6)

言われる通りにコマンド実行:

prompt> svn upgrade
Upgraded '.'
Upgraded 'dir1'
Upgraded 'dir2'
...

その後は svn st、svn commit、など、普通にいけるようになった。

カテゴリー: LFS | コメントする

libprelude

libprelude-1.0.0 がビルドできなくなった。

gnutls-3.0.5 にしたのが原因か。
gnutls-3.0.4 までは gnutls/extra.h が存在していたのに、
gnutls-3.0.5 からなくなった。

gnutls-3.0.5 の時の libprelude エラーは以下:

Making all in prelude-admin
make[2]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/libprelude-1.0.0/prelude-admin' に
入ります
gcc -std=gnu99 -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -Wall -Wstrict-prototypes -Wmissing-prototypes -Wmissing-declarations -Wbad-function-cast -Wcast-qual -Wcast-align -Wnested-externs -Wunused -Wformat -Wformat-security -I../src/include -I../src/include -I../libmissing -I../libmissing -I../src/libprelude-error -g -O2 -MT prelude-admin.o -MD -MP -MF .deps/prelude-admin.Tpo -c -o prelude-admin.o prelude-admin.c
prelude-admin.c:60:26: 致命的エラー: gnutls/extra.h: そのようなファイルやディレ
クトリはありません
コンパイルを停止しました。
make[2]: *** [prelude-admin.o] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/libprelude-1.0.0/prelude-admin' か
ら出ます
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/mnt/lfs/sources/BLFS/libprelude-1.0.0' から出ます
make: *** [all] エラー 2

仕方ない。gnutls-3.0.4 でとどめておくか。

カテゴリー: LFS, ビルドエラー | コメントする

bash_completionのこと

Paco補完機能 のところで Bash-completion について触れた。

この Bash-completion、相当古い。
tar コマンドで、*.tar.xz を補完して欲しいところだが、補完してくれない。Xzutil は最近の登場なので、含まれていないのは当然。

/etc/bash_completion を改修すればすぐ出来るのであろうが、面倒くさい。誰か作ったものを提供いただけないかなぁ・・・他力本願な私。

カテゴリー: LFS | コメントする