BLFSbookドラフト

BLFSブックをちまちまと訳出してきているが、なかなか完成には至らない。期待している方が、もし仮におられたりすると、非常に申し訳ないことであるが、私自身いつ完成するか、本当に完成できるのかは不明であり少々自信もない。まぁ無理せず徐々に進めることにしている。申し訳ない。

で、本日BLFSブックの処理において(あるいはDocbook処理において)「ドラフトモード」なる設定があることを知った。xsl定義としては以下とするものらしい。

<xsl:param name="draft.mode">yes</xsl:param>

実際にBLFSブック日本語版の処理に組み入れてみた。へぇぇ、そんな結果になるんだ! HTML版もPDF版も。PDF版はPostScript的に昔から随所で実現しているものを見てきているので、全く想定どおりであるが、HTML版は、よくもまぁそんなことを考えたもんだ、と関心する。興味のある方は以下のリンクを参照あれ: http://lfsbookja.sourceforge.jp/BLFS/svn.ja/

LFSブック、BLFSブックの実現ソースは、DocBookの実用例として、多大なるサンプルを提供してくれているものだ。つくづく感心させられると同時に、その随所のテクニックを十分身につけていきたいものだ。

カテゴリー: LFS パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です