LFSビルドwithSSD

先週末に「SSDはむっちゃ早いから手を出さないなんてありえない」的な話が上がった。これに影響され、それまで直接SSDに触れたことがなかったので、本日購入した。外付けとしての利用につき、外付けHDDカバーに設置。さっそくLFS作りに利用してみた。

LFSブックで言う「SBU」(binutilsのビルドに要する時間) がどれだけになったか。以下、大雑把に私の経験値の比較。

  • 10分: i686 32ビット、SATA HDD
  • 6分: Core i5 64ビット、SATA HDD
  • 2.5分: Core i5 64ビット、SSD (今回)

驚きの数値。まだまだ早くなる要素はあって、上はまず外付けとして USB3.0接続での利用であること、またLFS作りはVMware仮想環境上であること、という、速度低下要因があっての話である。そういう要因でなかったとしたら、もっと早いってことか。

SSDがどしどし安価になっていくことを、切に願う。

カテゴリー: LFS パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です