LFS-SVN諸々

LFS SVN-20110923 を VMware 上に構築しようとして、いろいろうまくいかない話。

まずブートスクリプトが大幅に変わった関係で、起動スクリプトまわりでいろいろエラー。そもそも init_params がどこにもない。どこか手順を見誤ったのかなぁ? LFSブックの不備のような気もするのだが・・・。とりあえず以下により逃げる:

touch /lib/lsb/init_params

/etc/rc.d/init.d/functionsのモードがおかしいことに気付く。実害はないものと想像するのだが、念のため以下を実施。

chmod 754 /etc/rc.d/init.d/functions

以上までは支障ない話。とりあえず LFS 作りは完了した。ここからは未解決。

openssh サーバー立上げによる ssh 接続ができない。アクセス拒否しているのは誰なんだろう。どこのログを見るべきなのか、知識至らず調査中。

関係ないかもしれないが、先日 VMware Workstation がバージョンアップし Version 8 になったので、このバージョンでの LFS ビルドを初めて行なっている。このことが関係している?

・・・ どうも VMware 側の問題であるような気がして、試してみるに、結論はやっぱり VMware 側であることが判明! SSH 接続が出来ないのは、VMware側(LFS側)のネットワーク接続を “NAT” (VMware 独自のIPアドレス割振りの仕組み(?))にしている時。一方 “BRIDGED” (通常のIPアドレス割振り) にしている時は、正常に SSH 接続が出来た! このことから少なくとも、自ビルドした OpenSSH 側ではないことが判明!

・・・あっ!
分かった! 自分が悪い!
先日、業務上必要があって、いわゆる VPN ソフトを導入したのであるが、うまく繋がらないくて、その時に同僚から「VMware のネットワークサービスが時々悪さをすることもあるので、止めて試してみた方がいいよ。」と言われ、そのとおり VMware ネットワークを止めていたのであった。これが原因。

ssh 接続はこれにて解決。VPN 接続ができるか否かは、また操作する時に確認しよう。

カテゴリー: LFS パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です